星を廻せ月より速く

多分ポケモンの事を書きます。

SMシングルシーズン7 不安定カバリザフェローチェ

前語り

こんにちは。十六茶です。周りと比較して引け目を感じまくっていたため記事は書かないつもりでしたが、なんか書きたくなった(小学生並感)ので書きました。

改めてSMシーズン7お疲れさまでした。当たった方々、対戦ありがとうございました。並びはこんな感じです。

f:id:pokexcel:20180124174217p:plain

最高レート1994(写真撮り忘れた)

最終レート18**

構築経緯

好きなポケモンであるフェローチェとサンダーの色をツモったのでこいつらを中心にパーティ組む事にしました。

初期案の軸は「フェロでオタクを誘ってサンダーでハメる、積まれたらスカーフフェローチェで上から叩きつぶす」というものだったのですが、ミミッキュバシャーモが重すぎてハゲそうだったのでついでに重いリザもまとめて見れるカバリザを軸を追加しました。

この時点でガッサやガルーラなどの対面系が怪しく、ドランやナットレイは突破できなくはないけど毎回サンダーでPPを枯らすのは面倒だったのでそれらにイージーウィンできる格闘Zテテフを採用。

最後にここまでで重いテテフやレヒレ、グロスなどに対するクッションとしてナットレイを採用し完成しました。

この後色々あってリザとナットも色違いにしました。カバはいいのでテテフの色違いください。

個別紹介

f:id:pokexcel:20171227012219p:plainカバルドン@ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:すなおこし

努力値:252-0-252-0-4-0

実数値:215-132-187-*-93-67

技:じしん こおりのキバ あくび なまける

調整:特になし。HBぶっぱ。

そこいらに無限にいる普通のゴツメカバ。ナットレイでステロ撒いてコイツであくびループして削るムーブが強い。普通過ぎて書くことがないのでこのパーティにおけるリザ検定について書きます。

  1. 選出画面ではある程度のアタリをつける程度。決め打ちは絶対にしない。
  2. こちらのカバと相手のリザ(メガ前)を対面させる。
  3. 相手のリザがXだった場合は突っ張って来にくい為、こちらはリザバック。
  4. 突っ張ってきたらほぼYなのでこちらのミラー用のリザY(後述)で勝てる。
  5. 引いたらほぼXなのでなるべく積ませないように立ち回ってカバで詰める。

最初にリザリザ対面を作ってからこちらはカバに引くという検定ムーブもありますが、相手のリザYがそのまま突っ込んでくるパターンが余りにも多すぎたので多用はしませんでした。 

f:id:pokexcel:20171227012133p:plainメガリザードンY@リザードナイトY

性格:おくびょう

特性:もうか→ひでり

努力値:172-0-4-68-12-252

実数値(メガ前):175-*-99-138-107-167

実数値(メガ後):175-*-99-188-137-167

技:オーバーヒート エアスラッシュ おにび はねやすめ

調整:

  • H16n-1
  • メガメタグロスの雷パンチ確定耐え
  • 無振りテテフを晴れオバヒで確定一発
  • 臆病レボルトの10万確定耐え
  • ミラー意識で最速

本構築唯一のメガ枠。

ミミッキュやテテフに出し負けしない事、後投げからリザYミラーを制す事、この2点をテーマに調整を施した為少し珍しい構成になっています。

ソラビを切った弊害としてレヒレやアシレ、マリルリや水ロトムなどが処理できなくなっていますが、裏にナットレイ、サンダー、テテフと水に強い枠を数体置いているのである程度解決できているはず、と思っていました(できてない)。 

f:id:pokexcel:20171227012301p:plainカプ・テテフ@カクトウZ

性格:おくびょう

特性:サイコメイカー

努力値:204-0-108-0-0-196

実数値:171-*-109-150-135-154

技:サイコショック きあいだま めいそう ちょうはつ

調整:

地雷枠その1。

リザやサンダーの餌であるミミガルドカグヤをよく呼んでくれる看板娘1号。

ドランやナットが鋼枠として採用されているサイクルや、ガルミミガッサ系の2つを中心に初手投げて崩していく使い方をします。

単純にフェローチェとの相性も良いので、カバリザYの裏選出としてテテフェロ@1と選出して対面的な動きを取ることももちろんありました。

フェロと合わせて強烈な選出誘導をかけ、相手の選出を絞るのも大きな仕事。 

あとキノガッサと対面してフィールドを展開した後にナットに引くと相手が困った顔をするので楽しいです。

f:id:pokexcel:20171227012310p:plainフェローチェ@こだわりスカーフ

性格:やんちゃ

特性:ビーストブースト

努力値:4-228-36-4-0-236

実数値:147-204-62-158-51-201

技:とんぼがえり とびひざげり れいとうビーム ドリルライナー

調整:

  • H膝割り読み2n+1
  • A>S ビーストブーストでAアップ
  • 砂ダメ1回込みドリルライナーで無振りアーゴヨンを高乱数1発(74.2%)
  • 特化メガハッサムのバレパン超高乱数耐え(93.7%)
  • 最速130族抜き
  • スカーフ込みで1舞メガマンダや2舞メガギャラまで抜ける

地雷枠その2。

リザやサンダーの餌であるミミガルドドヒドイデをよく呼んでくれる看板娘2号。

とんぼで様子見はもちろん、ミミッキュの皮を剥がしたり、相手の積みエースをさらにその上から沈めたり、削ったポケモンをブーストの燃料にして全抜きしたりとこの構築に足りない高速アタッカー、ストッパー、積みエースとしての役割を受け持っている本構築のスタート地点。刺さりの良いポケモンなので選出はこいつをまず出せるかどうかから考える事が多かったです。 

初手のゲコフェロ対面は手裏剣を打ってくるので膝が安定。なお命中。

f:id:pokexcel:20171227012237p:plainナットレイ@フィラのみ

性格:なまいき

特性:てつのトゲ

努力値:252-28-60-0-164-0

実数値:181-118-159-*-172-22

技:ジャイロボール やどりぎのタネ どくどく ステルスロック

調整:

  • 無振りガブをジャイロで高乱数2発(85.5%)
  • 威嚇込でH195メガマンダの身代わりを高乱数で破壊(75%)
  • 特化ミミッキュの剣舞霊Zを超高乱数耐え(93.7%)

テテフ、ミミッキュ、レヒレに対して割と安定して投げられる枠で、ステロ+毒で嵌めサンダーの準備係も兼業。

コイツで受け切って勝つというよりも、クッションとしての役割の方が運用方法としては近いです。その為宿り木を切ってレヒレやギャラへの打点であるタネガンを採用したかったのですが、グロスに対して強引な削りを許してしまうのを嫌ったためこの技構成に落ち着きました。 

f:id:pokexcel:20171227012150p:plainサンダー@たべのこし

性格:おだやか

特性:プレッシャー

努力値:236-0-20-20-172-60

実数値:195-*-108-148-145-128

技:ほうでん どくどく みがわり はねやすめ

調整:

  • メガルカリオの剣舞インファ確定耐え
  • 特化メガマンダの捨て身確定耐え(ステロor身代わり込みで1舞捨て身確定耐え)
  • 冷静ガルドのシャドボZ+かげうち確定耐え
  • S最速カグヤ+4(同族意識

テテフェロが呼ぶオタク系統のポケモンをまとめてハメる枠。ナットのステロも合わせれば環境に存在するほとんどの受けサイクルを毒嵌め、ないしはPP枯らしまで持って行く事ができます。

構築単位で若干重いルカリオやマンダを誤魔化す枠としても選出可能ですが、マンムーミミッキュなどの取り巻きに弱いためそこのケアをしっかりとした上での選出が必要になってきます。

また、カバリザフェロナットが並んでいる事から天候パにはほぼ間違いなく裏選出をされるので、その裏選出に刺さりやすいコイツを強い勝ち筋として選出していました。

選出パターンと簡単な立ち回り

基本選出その1 f:id:pokexcel:20171227012219p:plainf:id:pokexcel:20171227012133p:plain@1

相手のパーティにリザやバシャがいたら大体この選出です。

ラス1の枠はストッパーとしてフェローチェや崩しとしてテテフ、対水としてナットかサンダーを柔軟に選ぶことで埋めます。

サイクルを回す際の基本である「こいつは誰を見るために選出した?」というのを常に意識して立ち回りました。

基本選出その2 f:id:pokexcel:20171227012301p:plainf:id:pokexcel:20171227012310p:plain@1

テテフフェローチェでゴリ押せそうなときはコレ。

ラス1枠にはクッションとしての性能が求められる場合が多いので、ナットレイカバルドンが多かったです。あとたまにリザ。

基本はどいつをどれだけ削ればフェローチェでぶち抜けるかという事を意識して立ち回りました。

対受けサイクルや天候パ f:id:pokexcel:20171227012237p:plainf:id:pokexcel:20171227012150p:plain@1

ラス1の枠には積まれると厄介な駒に合わせてフェロかカバで選択。

ナットレイでステロを撒き、サンダーで毒ハメとPP枯らしをします。

重いポケモン

下に行くほど重いです。 

f:id:pokexcel:20171227014419p:plain瞑想レヒレ

リザYからソラビを取り上げた結果がこれだよ!ナットレイに草技が欲しいと何度も思いましたが、立ち回りでどうとでもなる範囲なので放置していました。

f:id:pokexcel:20171227014518p:plain鬼羽リザX

カバでリザXを処理できないのでかなり厳しい相手です。交換読みでナットレイが毒を入れて粘ったりできますが、鬼羽リザXはレヒレと同居しやすいのでそれすらも許してもらえない場合も多かったです。

f:id:pokexcel:20171227014514p:plain受けサイクルに入っている滅びメガゲンガー

サンダーでハメるorテテフでサイクルを壊す事で受けサイクルを攻略する構築の為、サンダーがゲンガーにキャッチされて滅ばれるorテテフに突っ張って殴られるとゲームセットです。

f:id:pokexcel:20171227014438p:plainゲッコウガ@タスキ

初手ゲコフェロ対面はとんぼ読みで水手裏剣を打たれる事が多かったので膝を打ってました。タスキでなければこれで解決ですが、タスキを持っていた場合は裏のポケモンも削られるのでかなりキツイです。水Zが多い環境だったので切ってます。

f:id:pokexcel:20180116165656p:plainHD龍舞からげんき

重いっていうか無理。フェローチェの冷ビで落ちないし、サンダーの毒を入れた途端に大ダメージを食らってゲームセット。

 

KP上位のポケモンを見る度に全部キツい...キツい...と言っていたのでただの欠陥構築。

改善

 パーティを構成する全てのポケモンが命中不安技を抱えている点が気になっています。今回はサイクル寄りの構築なので技外しはある程度カバーできますが、それでもやはり不安定な事には違いありません。

特に軸であるフェロとリザYがとびきり不安定なので最終日はかなり泣かされました。採用したのは自分なので文句は言えませんけども...

要するに安定感が欲しいのですが、改善案が出なかったので諦めました。

#改善とは

後語り

今期はレートのインフレもあり、いつも通話してる友人がボスラッシュ出場を決めていたり初21乗せていたり、当然のように2ROM20乗せてたり、レリセから一晩で20に戻してたりと、周りがとても輝いて見えました。

自分はそのビッグウェーブに乗れなかったわけですが、ポケモンなんてたかがゲームなんだから義務感に囚われず気楽にやろーぜと自分に言い聞かせながらS8もぼちぼち頑張りたいと思います。

でもやっぱり悔しいんだよなあ。