星を廻せ月より速く

多分ポケモンの事を書きます。

S14使用構築 僕らのバシャナットサンダー

前語り

こんにちは。十六茶です。 シーズン14お疲れさまでした。

今期はSMシーズン4ぶり、時間にして約1年半ぶりに2100を踏むことができました。しかも2ROMでどっちのROMもそこから1勝もでき、ボスラ圏外とはいえ充分に満足のいく結果が得られたと思います。当たった方々、対戦ありがとうございました。

ちなみに3ROM合計で800戦近く回しましたが1度たりともバシャナットサンダーという選出はしませんでした!w 構築名詐欺で草

並び

f:id:pokexcel:20190316232613p:plain

成績

  • ActivityCase:最高最終2114 50位
  • AuldLangSyne:最高最終2113 53位
  • じゅうろく:最高2002 最終1778 †2873位†

追記

中身は多少違いますが全く同じ並びを使っていたルーシィさんの記事です。こちらはバケモン勝率で2100で乗っています。構築の違いに着目して読むと思考の違いが見えてきて面白いと思うのでこちらもぜひぜひ。

構築経緯

シーズン序盤は色々と変な構築を組んでは崩し組んでは崩しを繰り返していたが、普通に勝てなかったので使い慣れたランド展開の構築を改めて組むことにした。

参考にさせて頂いた上記2つの構築を自分なりに使ったり弄ったりしてるうちにアーゴヨンを誤魔化すことさえできれば別にミミッキュは必須ではないことに気づいたので、f:id:pokexcel:20170720164022p:plainf:id:pokexcel:20171227012237p:plainf:id:pokexcel:20171227012150p:plainf:id:pokexcel:20180101174403p:plainf:id:pokexcel:20180101174346p:plainf:id:pokexcel:20171227014438p:plainという並びを固定し、環境に合わせた調整や自分の使いやすさを優先した調整を施した。

個別解説

f:id:pokexcel:20180101174346p:plainタスキステロランド

f:id:pokexcel:20190331210718p:plain

調整
  • マンダの身代りを威嚇込み岩石封じで高乱数破壊
  • 無振りゲッコウガミミッキュ地震で高乱数1発
  • 大爆発で無振りメガギャラが中乱数1発
  • 珠ゲコの水手裏剣4発高乱数耐え
  • 準速レヒレ抜き
役割・補足

ステロ岩石封じで裏のエースのサポート役や襷爆発を活かしたストッパー。襷ランド入りの構築記事には大体書かれているが、威嚇・地面電気無効・大爆発といったHPが1でも残っていれば得をする要素が非常に多いので切り時を見極めることが重要。

意地である理由はダメ計にもある通り増えたASマンダの身代りを破壊すること、ゲコミミテテフといった受けて処理することがそもそも間違いなポケモンを対面で処理することを優先したかったから。陽気にするとテテフのスカーフ判別、ギャラを岩石封じで食い止められるといったメリットがあるが、ここは癖や好みが出るとこかなと。

ゲコの珠水手裏剣を4発まで耐えるこの調整はこのランドがスカーフに見えなくもないこともあってか手裏剣で爆アドを拾いにくることがままあったため。ルーシィさんからもらった調整を少し弄ったやつなのにルーシィさん使ってなくて草

f:id:pokexcel:20180101174403p:plainスカーフテテフ

f:id:pokexcel:20190317000020p:plain

調整
役割・補足

グロス軸などに通す高速エースとギャラウルガなどの中速積エースに対するストッパー。相手の初手ゲコの牽制やランド展開のランドにステロを撒かせないために初手出しすることもあったが、基本はランドでステロを撒いた後に裏から出してスイープに使うことが多い。

臆病である理由は準速ウルガ、準速メガバシャ、遅いメガマンダといった積まれたら詰むポケモンをワンチャン上からしばくこと、ランド展開に対して初手から爆アドを拾うことの2つ。基本的にステロを撒いてゲームメイクをする構築なため火力不足はそこまで気にならなかった。

f:id:pokexcel:20180219192811p:plain水Zめざ炎ゲッコウガ

f:id:pokexcel:20190317000013p:plain

調整
  • 陽気霊獣ランドの地震確定耐え
  • 意地霊獣ランドのとんぼ高乱数耐え
役割・補足

リザ軸やラティクチ、マンダ軸などに通す高速エースとナットレイでゲコを見てる構築に対する崩しを担う。テテフ同様基本は裏から出して相手を崩していくが、カバのステロ展開に対しては初手投げし、ステロを撒かせないことで裏のランドのタスキを守るように立ち回る。

 f:id:pokexcel:20180112172623p:plainめざ氷メガバシャ

f:id:pokexcel:20190331210430p:plain

調整
  • ステロ込みのめざ氷でH振りマンダを確定1発
  • ステロ込みのめざ氷でH振りランドを高乱数1発
  • めざ氷でD下降補正マンダを高乱数1発
  • 1加速でメガロップ抜き
役割・補足

ゲコもテテフ通すのが厳しそうな構築に投げる高速エース。一見ゲコと技範囲が大きく被っている点が気になるが、ポリ2に通る膝とカバに通る水Zという打点の違いや加速と先制技の性質の違いで意外と投げれる構築が変わってくる。

調整はテンプレのものを寂しがりで使っているが、正直ゲコ入りに気持ち投げやすくなるかな程度の気休めでしかないのでやんちゃでも変わらない。さらにいうなら環境的にASマンダばかりだったのでステロ込みで使うならここまでCを振る意味もなく、調整は大いに再考の余地がある。

相棒枠かつ唯一のメガ枠だけど選出率は最下位。

 f:id:pokexcel:20180113163419p:plain鈍いナットレイ

f:id:pokexcel:20190317000003p:plain

調整
  • 意地グロスの冷パン+アムハン高乱数耐え
  • 意地テクニガッサのマッパ確定2耐え
  • テテフのフィールドサイキネを高乱数3耐え
役割・補足

ミミッキュやテテフ、メタグロスに対するクッション。受けつつ宿り木や鉄の棘で相手を削ることで裏の高速エースたちを通しやすくするのが理想だが、アホほど起点になりやすいので釣り交換を多用せざるを得ない。最低限マンダの起点にはならないよう鈍いを搭載しているが、火を吹いてくるマンダも多いので過信は禁物。

 f:id:pokexcel:20171227012150p:plain毒みがはねサンダー

f:id:pokexcel:20190317000017p:plain

調整
  • H振りレヒレを10万→被瞑想10万で高乱数突破
  • ガリザYの晴れオバヒ高乱数耐え
  • 準速レヒレ抜き
役割・補足

ヒレやガルドに対するクッションと受けサイクルに対する崩し。基本はランドのステロで相手のサイクル回数に制限をかけ、低火力ポケモンたちを起点に毒ハメ、PP枯らしを行う。ランドの威嚇と合わせてマンダを見たり、身代り羽休めでテテフのフィールドを枯らして受けるなどキツいところの誤魔化しは大体この子にやってもらう。

調整に関してSラインをテンプレより少し上げレヒレに上から瞑想を打たれることを回避できたことは正解だったと思うが、身代わりだけを5回連打するような場面は1度として無かったのでHを1上げて身代りがランドやカグヤのめざ氷で残る可能性を上げたほうが良い。多分。

放電でなく10万である理由はダメ計にもある通りレヒレを落とすため。たまにミリ耐えされて木の実を食われて負けたりそもそも臆病で上から瞑想されたりして安定はしなかったので、放電にして運勝ち侍キメるのも悪くないかもしれない。

選出パターンと簡単な立ち回り

先発f:id:pokexcel:20180101174346p:plain + (f:id:pokexcel:20180101174403p:plainorf:id:pokexcel:20180219192811p:plainorf:id:pokexcel:20180112172623p:plain) + (f:id:pokexcel:20180113163419p:plainorf:id:pokexcel:20171227012150p:plain)

先発にランド、後発に高速エースとクッションというこの構築の基本となる選出の型。基本はランドでステロを撒き、クッションを絡めながら高速エースを通すことをゴールに据えて立ち回るが、サンダーの毒ハメやナットレイの鈍いでの詰めが試合のゴールになったりする。

選出の順番を変え、相手の初手にゲコが来たら困るときに初手にテテフを置いたり、バシャバトンに対しては初手にゲコを置いたりして襷ランドをストッパーとして使ったりもする。

先発f:id:pokexcel:20180101174346p:plainf:id:pokexcel:20180113163419p:plainf:id:pokexcel:20171227012150p:plain

シーズン後半に流行したラキヌオーカグヤやカバマンダガルドカビレヒレ@1に対する選出。ランドでステロを撒きサンダーとナットレイで詰める。ランドのタスキが残ればストッパーとして使う。

先発f:id:pokexcel:20180101174403p:plainf:id:pokexcel:20180219192811p:plainf:id:pokexcel:20180101174346p:plain

ランドアゴギャラを初めとするランド展開に対する選出。岩石封じを食らった状態の臆病スカーフテテフで陽気ランドをステロを撒かせず落とし、ランドのタスキを守ることで対面処理を行う。

重い並び

  • f:id:pokexcel:20171227012219p:plainf:id:pokexcel:20180613001912p:plainf:id:pokexcel:20180106000220p:plainf:id:pokexcel:20170720160624p:plain:カバカビに荒らされてアゴギャラに全員殺される。
  • f:id:pokexcel:20180126163624p:plainf:id:pokexcel:20180101174346p:plainf:id:pokexcel:20180219192811p:plainf:id:pokexcel:20180704201607p:plain:めざ氷バシャ出しても膝の命中と択を加味したら勝率が5割切るのわけわからん。毒身代りガルドでナットが起点になってgg
  • f:id:pokexcel:20190317052507p:plainf:id:pokexcel:20190317052418p:plainf:id:pokexcel:20180613002220p:plain:絶対崩せないしPPも枯らせないのでさっさと降参。
  • f:id:pokexcel:20181224232445p:plainf:id:pokexcel:20180613002318p:plainf:id:pokexcel:20181202010228p:plain:ヌオーが眠る持ってるやつ。サンダーでPP枯らす前に負ける。眠るがなければサンダーのカモ。

  • f:id:pokexcel:20170619223341p:plainf:id:pokexcel:20180914174028p:plain :順当にムラムラされて負け。

QRコード

後語り

はいそんなわけで長いようで短かくてやっぱり長かったS14が終わりました。前語りで21達成うんぬんは語ったので、後語りでは一緒に戦ってくれたりアドバイスをくれたりしたバシャ窓やS14窓の方々に対する感謝の気持ちとかを語ります。

バシャ窓のみんな。この構築をほぼ共有して個体の調整や立ち回りを一緒に考え21まで達成したルーシィさんには感謝やら尊敬やらで頭が上がりません。僕が2000から1600までレート溶かしたときに構築のQRを貸してくれ最終日の通話も長い事残ってくれたらんぽけくんとイカエくん本当にありがとう。二人ともバトンというスタンダードな軸のド真ん中に地雷が組み込まれていてとてもいい刺激になりました。特にイカエくんの構築はマジモンのキチガイ(誉め言葉)なのでなんかもう色々すごかった(小並感)です。本当にありがとう。

S14窓のみんな。最終日は深夜(ていうかほぼ朝)にしか通話はいけなかったけど、いつもお世話になっているメンバーで構成されているので気軽に話ができて「実家のような安心感」がとても頼もしかったです。最終日2週間前に通話しながら僕が2000から潜って溶かして拗ねたときは本当に申し訳なかったです...僕が全面的に悪かったです反省してます...特にスズくんには立ち回りや選出のアドバイスをたくさんもらいました。そういうのって「下手を指摘してるみたいでするほうもされる方もなんか嫌」ってなる人も多いと思うのですが、心の友であるスズくんはそういうのを気にせずガンガン突っ込んでくれるのでとても助かりました。本当にありがとう。

そんなわけで今シーズン僕に関わってくれた方々本当に本当にありがとうございました。ここまで読んでくださり感謝感激雨霰でございます。それでは失礼します。